大林コレクション展「都市と私のあいだ」 | WHAT MUSEUM | 寺田倉庫

WHAT

  • 野口里佳《創造の記録 #7》1993-96 ©︎ Noguchi Rika

大林コレクション展「都市と私のあいだ」

2021年09月25日—2022年02月13日

  • 野口里佳《創造の記録 #7》1993-96 ©︎ Noguchi Rika

【企画概要】
WHAT MUSEUMは、当社が作家やコレクターからお預かりしている貴重なアート作品を公開する芸術文化発信施設として2020年12月にオープンしました。作家の思いはもちろん、作品を収集するコレクターのこだわりを大切な作品と共に展示し、アートとの出会いの場を創出しています。

このたびの大林コレクション展は、国際芸術祭「あいち2022」(愛知県)の組織委員会会長を務める大林剛郎氏が、長い年月をかけて築いた圧巻のコレクションに焦点を当て、「安藤忠雄 描く」、「都市と私のあいだ」、「Self-History」という3つの展覧会の同時開催を通して、同コレクションの変遷に迫るとともに、収集作品群への多角的なアプロ―チを試みます。

大林コレクション展「都市と私のあいだ」は、都市と、アーティストや私たちの「あいだ」に存在する、都市を形成するさまざまな要素(都市基盤・建築・インテリア・模型等)を被写体とし、9名のアーティストがそれぞれの視点で都市を捉えた写真作品を中心に15作品を展示します。畠山直哉の「untitled / Osaka」シリーズは、時間とともに移り変わる都市の変遷の様子を切り出しており、ルイザ・ランブリの「Untitled(Barragan House)」シリーズには、建築家のルイス・バラガンが設計したバラガン邸での微細な時間の変化と私的な経験が映し出されています。また、トーマス・デマンドの「Museum H 64」では、建築家・妹島和世のアトリエで建物が建つまでのプロセスにおいて日々生み出されている建築模型が被写体となっています。これらには、実在する都市とアーティストの「あいだ」に存在する、カメラを通して視覚化されたもう一つの都市のイメージが表現されています。
本展示を通して、鑑賞者が新たな眼差しで都市を捉えられる機会を創出します。
 

【本展の見どころ】
■野口里佳、トーマス・ルフ、アンドレアス・グルスキーの初期作品を展示
■畠山直哉の1.8mにおよぶスケールの「untitled / Osaka」シリーズを展示
■トーマス・デマンドの写真とその被写体である妹島和世建築設計事務所による「すみだ北斎美術館」スタディ 模型を同時に展示

 

【⼤林コレクション/⼤林剛郎(おおばやし たけお)⽒について】

1954年東京都⽣まれ。公益財団法⼈⼤林財団理事⻑。国際芸術祭「あいち2022」組織委員会会⻑、ほか国内外の美術館評議員やインターナショナル・カウンシル・メンバーを務める。著書『都市は⽂化(アート)でよみがえる』(集英社、2019年)。

会期
2021年9月25日㊏ — 2022年2月13日㊐(年末年始休館予定)
会場
WHAT MUSEUM 1階 Space1
(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺⽥倉庫G号)
開館時間
㊋—㊐ 11時 — 18 時(最終入館 17 時)
㊊休館(祝日の場合、翌㊋休館)
入場料
一般
1,200円
大学生/専門学校生
700円
高校生以下
500円
小学生以下
無料

(同時開催する「安藤忠雄 描く」、「Self-History」の観覧料含む)

オプションツアー(模型保管倉庫)の入場料は含まない。

オンラインチケット制

  • 招待チケット・招待状、未就学児、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名様までは無料でご入場いただけます
  • 招待チケット・招待状をお持ちの方は、ご入館の際にご掲示ください。
  • 障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は、ご入館の際、障がい者手帳等をご掲示ください。
  • 学生の方は、ご入館の際、学生証をご掲示ください。

 

【出展作家 / 建築事務所】
大島成己
アンドレアス・グルスキー
トーマス・シュトゥルート
妹島和世建築設計事務所(建築模型)
トーマス・デマンド
野口里佳
畠山直哉
宮本隆司
ルイザ・ランブリ
トーマス・ルフ

 

主催・企画
WHAT MUSEUM
特別協力
⼤林剛郎
テキスト協力
竹内万里子
会場グラフィック
関川航平
グラフィック
氏デザイン
会場フロアマップはこちら