WHAT

展示/アート

– Inside the Collector’s Vault, vol.1-
解き放たれたコレクション展

2020年12月12日—2021年05月30日

現代アートは美術館をはじめ、商業施設や病院、

駅といった公共施設でも見受けられます。

また、IT技術の進歩に伴いオンライン上での鑑賞機会も増え、

私たちの生活に身近な存在になっています。

当館が開催する第1回の展覧会となる本展では、

2名のコレクターの約70点に亘るコレクションに焦点を当てます。

高橋龍太郎コレクションは「描き初め」をテーマに、

A氏コレクションは2000年前後の奈良美智作品を中心に紹介します。

展示作品には、新作や初展示となる作品も含まれます。

また、作品の魅力やコレクションしたきっかけをコレクター自身の言葉でお伝えします。

 

【展示コレクション(一部)およびコレクターについて】

 

■高橋龍太郎コレクション

 

作品点数:約30点

 

出展作家:18作家予定(敬称略、五十音順)

会田誠、今津景、梅沢和木、大山エンリコイサム、岡﨑乾二郎、川内理香子、草間彌生、合田佐和子、近藤亜樹、鈴木ヒラク、土取郁香、佃弘樹、DIEGO、野澤聖、BIEN、水戸部七絵、村山悟郎、毛利悠子、など

 

高橋龍太郎氏について 

 

精神科医、現代アートコレクター。1946 年山形県に生まれ、小学校から高校卒業までを名古屋で過ごす。東邦大学医学部を卒業後、慶應義塾大学精神神経科入局。国際協力事業団の医療専門家としてのペルー派遣などを経て、1990 年東京・蒲田にタカハシクリニックを開設、院長となる。1997年より本格的に現代美術のコレクションを開始し、所蔵作品は現在2000点以上に及ぶ。これまでに国内外21館の美術館等で高橋コレクション展が開催された。代表的なものに、2015年「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」(東京オペラシティアートギャラリー)、2015−2016年「Cosmos/Intime- Collection Takahashi~内なる宇宙-高橋コレクション展」(パリ日本文化会館)等がある。著書「現代美術コレクター」(講談社現代新書)他多数

 

 

■A氏コレクション

 

作品点数:約40点(会期中に作品の入替を実施予定)

 

出展作家:奈良美智

 

A氏について

日本の実業家、投資家。1969年生まれ千葉県出身。大学卒業後、投資会社に就職しベンチャー企業への投資・育成業務を担当。その後複数の企業を上場させ、現在も上場企業の代表を務める傍ら、様々なベンチャー企業のエンジェル投資家としても活躍。2001年に奈良美智の作品に美術館で鑑賞したことをきっかけに、コレクションをスタート。奈良美智作品を中心にコレクションとしながらも、現代アートにこだわらずコレクションを続けている。

 

【本展の見どころ】 

 

■2名の現代アートコレクターのコレクションを展示

現代アートコレクター2名のコレクションを展示。

高橋龍太郎コレクションは「描き(かき)初め(ぞめ)」をテーマに、

A氏コレクションは2000年前後の奈良美智作品を中心に紹介。

 

■新作や初展示作品を含む約70点を展示予定

会期中、展示入替を1回実施予定(計70点の作品を展示)

 

■作品の魅力やコレクションしたきっかけをコレクター目線で紹介

 

■19作家の作品を展示(予定)

 

会期
2020年12月12日㊏ — 2021年5月30日㊐
会場
WHAT 展示室1階、2階(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10)
開館時間
㊋—㊐ 11時 — 19 時(最終入館 18 時)
㊊休館(祝日の場合、翌㊋休館)
入場料
一般
1,200円
大学生/専門学校生
700円
中高校生
500円
小学生以下
無料

「謳う建築」展の観覧料含む。

オプションツアー(模型保管倉庫)の入場料は含まない。

オンラインチケット制

  • 障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。ご入館の際、障害者手帳等をご掲示ください。
  • 学生の方は、ご入館の際、学生証をご掲示ください。

 出展アーティスト(五十音順)

 

 会田誠
 今津景
 梅沢和木
 大山エンリコイサム
 岡﨑乾二郎
 川内理香子
 草間彌生
 合田佐和子
 近藤亜樹
 鈴木ヒラク
 土取郁香
 佃弘樹
 DIEGO
 奈良美智
 野澤聖
 BIEN
 水戸部七絵
 村山悟郎
 毛利悠子

 

主催/企画
  寺田倉庫株式会社
協力
  高橋龍太郎、A氏
グラフィック
  株式会社TETE BRANDING