建築家 香山壽夫氏 × 劇作家 長塚圭史氏 対談「ひらかれた劇場 」 | WHAT MUSEUM | 寺田倉庫

WHAT

建築家 香山壽夫氏 × 劇作家 長塚圭史氏 対談「ひらかれた劇場 」

建築倉庫 建築家対談シリーズ

2021年08月23日

 

タ イ ト ル: 建築家 香山壽夫氏 × 劇作家 長塚圭史氏 対談「ひらかれた劇場 」
日   時 :8月23日(月)18:00-19:30(終了予定)
視 聴 方 法:建築倉庫公式YouTubeチャンネルより配信
事前にYouTubeチャンネルにご登録いいただくと通知が行きます。
https://www.youtube.com/c/archidepotmuseum

配信URL:https://youtu.be/TCzVB_JFeYA

 

 

概要:

WHAT MUSEUM 建築倉庫プロジェクトでは、

建築家や建築事務所が制作した貴重な建築模型を模型保管庫にて保管・展示し、
建築文化を育む活動を続けています。
この度、建築倉庫YouTubeチャンネルでは建築倉庫が運営する、
模型保管庫に模型を保管していただいている、
建築家の方をお招きし、建築家が設計された建築と接点を持つ、
異分野の方と対談いただく生配信イベントを実施していきます。

 

その第1弾として、「彩の国さいたま芸術劇場」や「KAAT神奈川芸術劇場」を設計した建築家・香山壽夫氏と、

劇作家で演出家・俳優としても活躍する長塚圭史氏をお迎えし、

両氏による特別対談「ひらかれた劇場」を開催します。

長塚氏は、香山氏が設計したKAAT神奈川芸術劇場の新芸術監督として2021年4月に就任し、

「劇場をひらいていく」というビジョンのもと、季節や街に呼応する劇場づくりを目指しています。

地域に根ざした劇場建築の設計に携わり、

人々が集う公共空間の在り方を建築として体現してきた香山氏と、その建築を舞台にして、

市民にとって身近な「ひらかれた劇場」を目指し活動をはじめた長塚氏。

建築家と芸術監督というそれぞれの視点から、劇場と地域のつながり、

人々が豊かに生きるための場などをテーマに語り合います。


【香山壽夫氏について】

東京大学名誉教授、香山建築研究所会長

・略歴
1937年、東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、ペンシルヴェニア大学大学院修士課程修了。68年九州芸術工科大助教授、71年東大助教授、75年イェール大客員研究員、82年ペンシルヴェニア大客員教授、86年東大教授、97年明治大教授、2002年放送大学教授、08年聖学院大学特任教授を歴任。73年香山アトリエ環境造形研究所(現 香山建築研究所)設立。
・主な作品
九州芸術工科大学キャンパス(1970年)/東京大学工学部6号館屋上増築 (1974年)/東京YWCA駿河台会館(1990年)/三春町立桜中学校(1991年)/曽我・平澤記念館(1991年)/彩の国さいたま芸術劇場(1994年)/関川村歴史資料館(1994年)/北海道当別カトリック聖リタ聖堂(1995年)/東京大学工学部1号館増改築(1996年)/聖公会聖アンデレ教会(1996年)/瀬高町立図書館(1998年)/長久手市文化の家(1998年) /カトリック町田教会(2001年)/函館トラピスチヌ修道院旅人の聖堂(2001年)/東京大学弥生講堂(2001年)/可児市文化創造センター(2002年)/聖学院大学礼拝堂・講堂(2004年)/野々市町新庁舎(2006年)/
日田市民文化会館 パトリエ日田(2007年)/熊野本宮館(2009年)/同志社中・高等学校(2010)/東京大学伊藤国際学術研究センター(2011年)/東京芸術劇場改修(2012年)/穂の国とよはし芸術劇場 PLAT(2013年)/文京区立第六中学校(2015年)/久留米シティプラザ(2015年)/ロームシアター京都(京都会館)(2015年)/東広島芸術文化ホール くらら(2015年)/太田市民会館(2017年)/竹田市総合文化ホール(2018年)/五泉市交流拠点複合施設 ラポルテ五泉(2021年)/那覇市文化芸術劇場 なはーと(2021年)など、他多数の公共建築を設計。
・主な受賞歴
⽇本建築学会⼤賞(2021年)/⽇本芸術院賞(2006 年聖学院⼤学礼拝堂・講堂)/⽇本建築学会賞(1996 年 彩の国さいたま芸術劇場)/村野藤吾建築賞(1995 年彩の国さいたま芸術劇場) 他。

【長塚圭史氏について】


劇作家・演出家・俳優
1996年、演劇プロデュースユニット阿佐ヶ谷スパイダースを旗揚げし、作・演出を手掛ける。2017年より劇団化。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。2011年、ソロプロジェクト・葛河思潮社を始動、三好十郎作『浮標』『冒した者』などを上演。2017年、新ユニット・新ロイヤル大衆舎を結成し、北條秀司作『王将』三部作を下北沢・小劇場楽園で上演。同年よりKAAT神奈川芸術劇場プロデュース作品に演出家として参画し、『作者を探す六人の登場人物』(17年/上演台本・演出)、『華氏451度』(18年/上演台本)、『セールスマンの死』(18年・21年/演出)、『常陸坊海尊』(19年/演出)、『王将』三部作(21年/構成台本・演出)を上演。その他近年の主な舞台に、阿佐ヶ谷スパイダース『桜姫~燃焦旋律隊殺於焼跡~』(19年/作・演出・出演)、新ロイヤル大衆舎『緊急事態軽演劇八夜』(20年/演出・出演)、『イヌビト~犬人』(20年/作・演出・出演)など。9月4日より『近松心中物語』がKAATにて公演。
2004年第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞、2006年第14回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。俳優としても映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』『ランブラーズ2』、『シン・ウルトラマン』などに出演。2021年4月よりKAAT神奈川芸術劇場芸術監督。